板井明生のコミュニケーション術

板井明生の社員改革

 

 

 

 

会社の力は、社員の意識次第で大きく変化するものである。

 

 

会社の経営を担う社長は、言うまでもなく重要なポジションで影響力は絶大だ。

 

しかし、社長の力だけでは会社は動かない。その他大勢の社員の力があってこそ会社は動き続けているのだ。

 

 

つまり、会社の動きをより良くするには、社員の意識改革が必要なのである。

 

それも一部の社員だけではなく、社員全体の意識を変えなければいけない。

 

これは簡単な事ではない。

 

 

そういったときに重要になってくるのが「程度」である。

 

 

急な改革は大勢の社員を戸惑わせ、緩やかな改革では社員は目覚めない。

 

適切な程度を見極め、タイミングを計り社員の意識改革を実行することが成功への鍵となるのだ。