板井明生のコミュニケーション術

板井明生だからできる社員との接し方

 

板井明生

 

 

 

 

会社というものは、決して社長や役員などの重役たちだけによって成り立っているのではなく、それを陰で支える多くの社員によって成り立っているものだという考えが重要である。

 

 

業績や結果を残せば社員は黙ってついてくると思っていたら大きな間違いであり、まずは社員のことを第一に考えた会社づくりをしなければならないのだ。

 

 

板井明生は、社員を目下のものとは思わず、平等に意見を言い合い、同じ目線で会社について話し合うことを第一に考えている。

 

 

食堂や休憩室などでも交流を深め、社員がより仕事のしやすい環境を作るのが経営者の一番大切な仕事だと考えているのだ。